ビジネスの世界での自己認識力をどう高める?

自己認識力が低い人が、この能力を高めるためには必ず他者の意見が必要です。

知人、上司、同僚、家族というあらゆる自分と関わる人が自分に対してどのような評価を下しているのかという客観的な視点をしりましょう。

例えば今現在自分は仕事が出来ると思っているのに、他者からの評価が今一つと感じるのであれば他者から自分が「さほど仕事ができない」と思われているという視点について反発する事なく一度受け入れてみる事が大切です。

また自分は仕事ができないと思っているのに、何かと難しい仕事ばかり振られることで「もしかして自分は仕事ができると評価されているのでは」と知る事です。

他者から見た自分と、自分から見た自分がどれほど違うか、そのことを自覚する事が第一歩なのです。

ですが、他者からの評価だけではなく、自分自身に対して、「本当に自分は思っているような人間なのか」という問いかけも重要です。

自分を客観視する事が自己認識力を高める

まず初めに1日の終わりでもいいので、今日一日の自分の仕事ぶりについて思い返す事からはじめましょう。

一日の行動を分析し、そこから自分がどのように感じたのか、自己認識している自分の評価と他者からの評価にずれがないか、そのずれがあったかどうかについて考えてみるのです。

自分に対して質問をしてみよう

今日一日の自分の仕事内容を振り返った時に、大切なのが自分への自問自答です。

今日の会議での自分の発言に対して回りはどう思っただろう?

自分の指示は明確だったと思う?

このように自分の一日の行動に対して自分に質問をすることで、自分を客観的に見る視点を持つ事ができるようになります。

周りの人に対しても質問をしてみよう

また、自分への質問の他にも周りの人にも質問をしてみてください。

例えば自己認識では「俺はミーティーングでわかりやすく説明をした」と思っていても、他者の認識がずれていれば意味がありません。

「今日のミーティングで分からないところはあった?」とか「俺の指示の仕方で不明点がある?」など常に回りに質問をする事で、自己認識と他者からの認識のずれがないか確認できます。

自己認識力が低く、他者からの自分の認識と自己認識のギャップが多いと感じる方は、まず「自分のふりかえり」「自分への質問」「他者への質問」この三つを一セットとして日々繰り替えしていきましょう。

そうすることで、自分の認識と他者とのずれを調整する事ができるようになります。