ビジネスの世界での自己認識力の必要性

仕事が出来ずに、ミスを多いのに自信満々な人が世の中にはいますが、その逆としてはたから見ると能力が高いのに、なぜか謙虚で不安がっている人も居ます。

実は前者と後者のほうが、どちらが「自分は仕事ができない」と自覚しているかご存知ですか?

実は、はたからみて能力が高く謙虚なタイプの人ほど「自分は仕事ができない」と認識しているのです。

一方でミスは多いのに自信満々なタイプは、仕事ができないのに自分自身は「俺は仕事ができる」と認識しています。

このように自分自身を客観的に認識する能力を「自己認識力」といいます。

他者からの評価と、自分の評価に大きなずれが無い人ほど自己認識力が高いと言えます。

一方で、他者からの評価と自分の中での評価に大きなずれを感じる人は、自己認識力が低いと言えます。

貴方の周りに自己認識がゆがんでいる部下や同僚はいませんか?

もしかしたら自分自身の事かもしれません。

能力の低い者ほど自分の能力を過大評価する

他者からみて仕事が出来るのに卑屈で不安なタイプ、仕事ができないのに自信満々なタイプ。これらはどちらも自己認識力が低いという状態です。

これらは上司からみると、どちらも厄介ですが特にビジネスの世界で被害が多いのが後者。

「自信満々な無能」は、一見して自信に溢れているので、大きな仕事を自ら志願してしまい会社に損失を与える事が増えます。上司は一見して自信に溢れている人材に仕事を任せてしまうからです。

その結果、任せた社員は無能と分かり後々回りがしりぬぐいのために大変な目にあうパターンが多くなります。

「この案件は俺にまかせてください!」なんて言って大型案件の担当になったA社員が、蓋を開けてみれば何も仕事を進めていなかったというのはよく聞く話です。

ですがこの場合A社員は自分の無能には気が付いていないのです。

「俺は仕事ができるんですが、取引先が理解してくれなくて」なんて言い訳をするかもしれません。

A社員は自分の中にある自己認識と、実際の外部からみた評価に苦しめられます。「俺は仕事ができるのになぜ周りは評価しないんだ」と不満に思うようになるのです。

また、仕事が出来るのに卑屈で自信のないタイプは、いつまでも技量に見合った大きな仕事を引き受けません。自分を過小評価する結果、ビジネスで活躍できないのです。

このように、ビジネスの世界では自分を客観的に正しく評価できる「自己認識力」というものがなければ、周りと自分との間にある認識に大きなずれが生じ、ストレスを感じるようになるのです。

自己認識力のずれに気が付くには

例えば、下記のような状態を経験する事が多い人は自己認識力が低いかもしれません。

  • 頑張っているのに会社から認められない
  • 大きな案件には積極的に参加してるのに昇進しない
  • 自分は仕事ができないのに大きなプロジェクトを任される

簡単にいえば回りから見られている自分の像と、自分の中にある像に誤差が大きいかどうかで自覚する事が可能です。

一度他者からの評価を客観的にヒアリングし、自分を顧みる時間を作ってみましょう。

次回は自己認識力を高めるための方法をご紹介します。